日焼けのケアに檜風呂?

うっかり日焼けのアフターケア方法

梅雨があけると夏本番!晴天は嬉しいけれど、気になるのが日焼けです。
最近は紫外線を防ぐ指数が「PA++++」「SPF50」など、日焼け防止効果の高いアイテムがあります。でも、うっかり塗り忘れてヒリヒリ赤くなることも。

そんな”うっかり日焼け”にはアフターケアが大切です。

1.まずは冷やして炎症を鎮める。 消炎効果
2.メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを防ぐ。 メラニン生成抑制効果
3.しっかり保湿する。 保湿効果

 

日焼け止めアイテムに配合される成分「ヒノキチオール」

ヒノキチオールは、ヒノキやヒバから抽出される精油にごくわずか存在する希少な成分です。最近、日焼け止めや保湿クリームに配合されるようになりました。これは防腐作用とともに、消炎効果、メラニン生成抑制効果*が注目されているためです。

*メラニンは、アミノ酸(チロシン)に酵素(チロシナーゼ)が作用して作られます。ヒノキチオールはこの酵素の活性を抑える働きがあります。

桧ゆとけいこのお風呂でアフターケア

桧ゆけいこのお風呂には、天然のヒノキチオールが配合されています。ヒノキの香りにほっとしながらお肌をケアしましょう。

日焼けの後は、いつもよりもぬるめのお湯で入浴してください。入浴により新陳代謝が活発になりお肌のターンオーバーを促します。

※日焼けで肌がヒリヒリする場合、入浴はおすすめできません。まずはしっかり冷やして保湿しましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る
Top